HOME > NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS


住まいづくりセミナー土地探しを開催いたします。 2018年1月14日(日)

セミナー風景

土地探しはデザインの一部です。希望するような家を建てるにはどのような土地が良いのか、不動産の注意点や探し方を学べます。土地の目利きになってください。

※参加費は無料です。 また、どの回からでもご参加いただけます。
※セミナー終了後、個別相談も承ります。

[参加無料・予約制]

日時:1月14日(日) 14:00〜 15:00
岸和田本社:岸和田市中井町1-9-1
講師:木内 一徳(弊社代表取締役/一級建築士、宅地建物取引士)

ご予約はこちらからお申し込みください
セミナーご予約ページ
フリーダイヤル0120-952-941


「南北に抜ける家」の住まい手を募集しております。

2017年7月 2016年6月から開催された「里山住宅博in神戸」は、2017年5月、ご好評のうちに閉幕しました。弊社出展作品「南北に抜ける家」は現在モデルハウスとして見学可能ですので是非お越しください。
ご見学の際は事前にお申し込みください。→http://d-b.co.jp/kobesumai/contact.html

また、「南北に抜ける家」の住まい手を募集しております。
神戸市北区上津台につくった緑あふれる町には、新たな家族が集い、集落をつくりはじめています。 「おーい、木の家!」と呼べば答える里山付き住宅。 百聞は一見に如かず、生命力あふれる里山の風景を取り込んだ「南北に抜ける家」を是非ご覧ください。

無料個別相談会を開催いたします。 毎週土・日曜日

いざ、家を建てよう!と思い立つと、初めての経験なので戸惑うことが多いのではないでしょうか。それぞれ個別の悩みやご質問に直接お応えするため、毎週土日に無料の相談会を開催しています。 「そろそろ家のことを考えたいけれど、何から始めたらいいの?」 「気になる土地はあるけれど、私たちの希望の家ができるのかしら?」 「ローンを利用したいけれど、全体で必要な資金はいくらくらい?」 「住みにくくなってしまった我が家。リノベーション?それとも建て替え?」 「d+bアーキテクチャーについて、いろいろと聞いてみたい」など、お気軽にご相談ください。

[参加無料・予約制]

日時:土 ・ 日 10:00〜12:00  13:00〜15:00  16:00 〜18:00 (ご予約ください)
岸和田本社:大阪府岸和田市中井町1-9-1

*ご希望場所はご自宅または里山住宅博モデルハウスからもお選び頂けます。

ご予約はこちらからお申し込みください
個別相談フォーム
またはフリーダイヤル0120-952-941まで
※週末や祝日にご都合の悪い方は、平日にも対応させていただきますのでご相談ください。


「ネットワークSE 2016年vol.149」掲載

2016年11月 〜里山暮らしを堪能するための明快にして緻密な空間構成〜
「南北に抜ける家」の事例とともに弊社が紹介されています。

「モダンリビングMLWELCOME 2016年vol.3」掲載

2016年10月 〜木の家で暮らそう〜
「斜面を生かす家」の事例とともに弊社が紹介されています。

里山住宅博 開催中!!2016年6月11日〜2017年1月15日 毎週土日オープン

里山住宅パンフレット

「南北に抜ける家」ダイニングからリビングに抜けて里山を望む

「南北に抜ける家」外観

里山住宅博in神戸は工務店が考え運営する博覧会で、6月11日(土)より開催中です。半年間は住宅博として使用しますが、そ の後は実際に人が住む町となります。

私たちの価値観に共感してくださる住まい手を探しています。 ご興味を持っていただける方は、ぜひ、「里山住宅博」へ お越しください。

※弊社の「南北に抜ける家」は期間中の土・日に見学可能です。平日に見学をご希望の方はご予約ください。
イベントご予約ページ

※交通アクセス等の詳細は、弊社里山住宅博HPをご確認ください。

※開催期間中のお問い合わせは
090-7961-5652(木内)まで


「モダンリビングMLWELCOME 2016年vol.2」掲載

2016年4月 〜木の家で暮らそう〜
「自然を切り取る家」「谷町・格子の家」の事例とともに弊社が紹介されています。

「反射光を採り込む家」オープンハウス開催 2016年4月17日(日)

反射光を採り込む家イメージ

反射光を採り込む家・模型正面

反射光を採り込む家・模型斜め

『反射光を採り込む家』
郊外の駅に近く、周囲に建物が近接した敷地に建つ2階建ての住宅です。 南側の3階建てのマンションに日照が遮られる敷地条件のため、北側に白い壁を建ててそこに反射光を当て、2階のLDKへと光を導いています。アプローチから至る玄関と吹抜となる階段は、周囲に対して開いている東側に向かって視線が通るように開放し、導かれた反射光が溜まる光庭の外部デッキテラスと繋がる空間として印象付けて、建物の抜けに仕立てています。 内部空間の多くは、左官の壁とラワン合板の天井仕上げ。ラワン特有の力強い木目と、手仕事で塗り仕上げた左官壁という、自然素材の醸し出す風合いの濃い空間となっています。


紀州街道沿いの家・堺」オープンハウス開催 2015年11月21日(土)

紀州街道沿いの家・堺 外観

紀州街道沿いの家・堺 外観

紀州街道沿いの家・堺
都市近郊にある二階建ての住宅です。 西側道路を挟んだ向かい側には集合住宅があることから、 道路側の開口部はあえて最小限にとどめ、南の隣地側の小さな庭や屋上テラスに向けてできるだけ建物を開放することで、プライバシーを確保しながら必要な風や光を取り込むことのできる建物としています。
大空間を確保できる上階に配置されたLDKは、勾配天井やデッキテラスによってその広がりを一層増し、庭の樹木を愛でることもできる開放的で居心地のよい空間として、 豊かな暮らしの一端を担っています。  漆喰壁に木製格子のあしらわれたアプローチや階段下を潜ると現れる玄関、踏板だけが吊られた階段など、長さ・高さの変化や素材感を活かした趣ある出迎え空間も印象的です。


大屋根の家オープンハウス開催 2015年9月19日(土)

大屋根の家 外観

大屋根の家 中庭を望む

『大屋根の家』
郊外の閑静な住宅地に建つ2階建てのコートハウス(※)です。 北側と西側が道路に面する角地にロの字型の居住部分と手前に迫り出した車庫を配置し、丘陵地の街並みに馴染むように全体にひと続きの大屋根を掛けて、 垂直壁のボリュームを抑えています。外界から完全に切り離された中庭には2層吹抜のリビング ・ ダイニングが南面し、建具を開放すれば外部空間と一体で使用することができます。リビングから中庭を挟んだ2階部分にある屋根の掛ったルーフテラスは、風や視線の抜けをつくり、 中庭やリビングの空間性を一層高めています。
(※コートハウス:建物や塀で囲われた中庭をもつ住宅のこと)


塔屋から光をとりこむ家オープンハウス開催 2015年7月18日(土)

塔屋から光をとりこむ家・ダイニング

塔屋から光をとりこむ家・外観

『塔屋から光を取り込む家』
北側道路面を除く三方を近接した建物に囲まれ、南面が閉ざされた敷地に建つ3階建ての住宅です。
光から遠い2階に敢えてLDKを配置したのは、お菓子教室を想定したため。多人数に対応するベンチを備えたリビング・ダイニングとそこに続くキッチンには充実した収納やパントリーを設け、パブリックとして充分に機能することを意識し、家族の日常の場ともなるこの空間を一層豊かにするために、塔屋の窓から透過性のある床を通して下階へと光を落としています。2階にはワークルームも併設し、子供たちとの関係を遮断することなくパブリック機能を果たすプランとなっています。


茶の間のある家オープンハウス開催 2015年3月21日(土)

茶の間のある家

『茶の間のある家』
郊外の南西角地に建つ2階建ての住宅。外部のデッキテラスに南面したリビング・ダイニングには、別に小上がりの茶の間を配置しており、板間と畳という趣の異なるひと続きの空間の中で、家族は各々の時間を過ごしながらも、無理なく場を共有することができます。階段吹抜とリビング吹抜に挟まれた2階のホールは、下階との関係性の強い二つ目の家族の空間。リビングを見下ろす吹抜面のデスクへは、南からの明るい光と共に家族の気配も届きます。階段のガラス越しの1階には客間も配置されていて、様々な「集い」を楽しむことのできる佇まいとなっています。


生駒・三角テラスの家オープンハウス開催 2014年12月6日(土)

生駒・三角テラスの家

生駒・三角テラスの家

『生駒・三角テラスの家』
区画の整った郊外の住宅地。道路から1m程高い敷地に建つ2世帯の住宅です。 周囲の街並みと壁面の位置を揃えて3階建ての建物を配置し、アプローチを含めた外部空間には、敢えてゆとりをもたせていま す。道路との高低差は芝貼りの斜面。 この斜面を2階のバルコニーとで 囲われた1階の三角テラス下にのみ込ませることで浮遊感を出し、3層のボリュームとなる道路からの印象を和らげています。 内部は間仕切りや建具を極力減らしたワンルームの3層構成としてスペースを有効に活用し、小さいながらも潤いのある豊かな暮らしを提案しています。


SLIT house」オープンハウス開催  2014年6月28日(土)

SLIT house

SLIT house

『SLIT house』
蔵のある敷地の一角に、ダイニング・キッチン棟と浴室などの水廻り棟を新たに加えて既存の庭や蔵との関係を再構築し、これまでとは異なる住まい方を提案した住宅です。
新築した2棟と既存の蔵を繋ぐ路地状のアプローチや、棟が独立しているが故に何度となく行き来することになる庭など。
四季折々の移ろいを届ける抜けの外部空間が特徴的なこの住まいでは、気候や自然が緩やかに暮らしに入り込み、一年のリズムを刻みます。
常に変化するものとの関わりを通して日々の小さな発見を楽しみ、より豊かな暮らしへと誘う建物となっています。



「半・吹抜けの家」オープンハウス開催  2014年3月21日(金)

半・吹抜けの家

キッチンと吹き抜け

『半・吹抜けの家』
北側が道路、東・南・西面を建物に囲まれた都市部の敷地、下層階へ南からの日照を導くことが難しい条件の中で採り入れたのは光の通路。上階の床の一部に透過する素材を用いることで、階下へと光を導きます。
また、上下階に縦の繋がりをもたらす階段は1階から2階、2階から3階とあえて2ヶ所に分け、ほぼ敷地一杯に建つこの建物における「抜け」の空間としています。
この「抜け」を外部と隣接させ、大開口やデッキテラスを用いてより豊かに仕立てることにより、閉ざされた建物に風や光といった風土との繋がりが生まれ、暮らしに潤いを与える重要な要素を創り上げています。


「リノベーション、リフォーム」を公開いたしました。

2014年3月6日「リノベーション、リフォーム」を公開いたしました。

「Gallery」をリニューアルいたしました。

2014年2月10日「Gallery」をリニューアルいたしました。

「ネットワーク SE 2014年8月vol.133」掲載

2014年8月 「谷町・格子の家」の事例とともに弊社が紹介されています。(表紙、p2〜7)
〜街並みに活きる 都市部の狭小敷地に立つ和風テイストの3階建て〜

「木の家MyStyle vol.35」掲載

2013年10月 「木の家MyStyle vol.35」(感ヌ・シー・エヌ発行)に、弊社が紹介されております。(p10〜11)

奥へと誘う家オープンハウス開催  2013年10月26日(土)

奥へと誘う家

奥へと誘う家

『奥へと誘う家』
北側が道路に面し、周囲を建物や塀に囲まれた細長い敷地に建つ2階建ての住宅です。
外周から日照を得ることの難しい敷地条件のため、中庭を配置してその南側の棟を平屋とすることにより、リビング・ダイニング に明かりを取り込むプランとなっています。
玄関ポーチの坪庭やリビング・ダイニング上部の吹抜、デッキテラスの中庭といった空間が、長い建物を奥へ奥へと誘い込む魅 力的な要素となり、 光や風を含めた自然との繋がりをこの家にもたらしています。


段差を生かす家オープンハウス開催  2013年7月27日(土)

段差を生かす家

段差を生かす家

『段差を生かす家』
南に豊かな緑に囲まれた池の広がる敷地内には1.2m程の高低差があり、東西に長い切妻屋根の下にこの段差を生かしたスキップフロアの佇まいが広がります。
ハートパインの床にモルタルや針葉樹合板、不揃いなタイルなど素材感の残る材料を多く用いた内部は、借景となる背後の自然にも劣らぬ力強い空間となっています。


「ネットワーク SE 2013年6月vol.119」掲載

2013年6月 「ネットワーク SE vol.119」(NCN発行)に、「斜面を生かす家」が掲載されております。(表紙、p3〜8)
〜眺めの窓、風の窓。〜

「すいどう道の家」オープンハウス開催  2013年4月21日(日)

すいどう道の家

『すいどう道の家』
三方を道路に囲まれた高台の分譲地にある住宅です。 遮るもののない抜群の眺望を活かすために2階に配置したリビングは、テツボクとナラ材をベースとした落ち着いた空間。 視線を遮るために幹線道路側に建ち上げた2階テラスの手摺壁が象徴的な建物となっています。


「高架橋に面する家(リノベーション)」オープンハウス開催 2013年 3月16日(土)

高架橋に面する家

『高架橋に面する家』
鉄骨造3階建て築30年以上の住宅を全面的に見直して、機能的な間取りに暮らしの潤いをプラス。 建物の顔となるガラスブロックとルーバーの開口部からは、可能な限りの光と風が屋内へと導かれます。 かつての面影を一掃し、新たな表情をつくり出すことを目指した住宅です。


「片流れの家」オープンハウス開催2013年3月9日(土)、10日(日)

片流れの家

お寒い中、多くの方にご来場頂きまして有難うございました。


「パナソニック・リフォームニュース」掲載

2013年2月 「パナソニック・リフォームニュース」に、弊社代表・木内一徳が紹介されています。
〜家にいながら陽光や緑を楽しめる。そんな心地よさや個性の表現を水廻りからかなえたい。〜

日本(読売)テレビ「スッキリ!!」で 「レッドアンドブルーのある家」が紹介されました。 1月24日

レッドアンドブルーのある家

「住みやすさこだわり住宅」!をテーマに、1階が“土足OK”というアメリカナイズされたこちらのお宅は、 奥さんこだわりの“家事 楽チンアイデア”が満載〜と紹介されました。


「house T」オープンハウス開催 2012年11月18日(日)

house T

お天気にも恵まれ、多くの方にご来場頂きまして有難うございました。


「ネットワーク SE 2012年10月vol.111」掲載

2012年10月 「ネットワーク SE vol.111」(NCN発行)に、「ウォーターコートのある家」が掲載されております。(表紙、p3〜8)
〜真っ直ぐに伸びる路地が誘う室内空間。中庭の植栽と水盤が戸外の開放感を呼び込む。〜

富山国際会議場にて講演会に出演いたしました。 2012年9月30日(日)

新聞告知広告

北日本新聞主催「増改築リフォーム教室」に、弊社代表・木内一徳が講師として出演いたしました。テーマは「リフォームで自分達らしい豊かな暮らしを手に入れるために」です。


「谷町・格子の家」オープンハウス開催 2012年7月15日(日)

谷町・格子の家

谷町・格子の家

お暑い中、多くの方にご来場頂きまして有難うございました。



「大改造!!劇的ビフォーアフター」施工協力 2012年6月24日(日)

木本家プチリフォーム第1弾・ビフォー

木本家プチリフォーム第1弾・アフター

ABC朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」今回は、木本邸プチリフォーム第2弾を施工協力しました。(匠は木内ではありません)


「サライ」 2012年6月号 掲載

2012年5月 「サライ」 2012年6月号掲載(小学館発行)に「杉と大谷石の家」が掲載されています。(p124〜125)
〜日本人が愛した意匠を現代の住宅で楽しむ 「土間」のある風景〜

オーバーハングの家(宝塚の家)」オープンハウス開催 2012年5月12日(土)、13日(日)

宝塚の家

お天気にも恵まれ多くの方にご来場頂きまして有難うございました。


「大改造!!劇的ビフォーアフター」放映 2012年3月4日(日)

「お風呂が廊下の家」ビフォー

アフター

ABC朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」に弊社代表・木内一徳が匠として登場しました。
2010年8月放映に続いて、弊社4回目の出演となりました今回は、お笑いタレントTKOの木本さんの実家のプチリフォームです。


「地元で評判の工務店で建てた家」 2012年西日本版掲載

2012年2月 「地元で評判の工務店で建てた家」(株式会社扶桑社発行)に、「ウォーターコートーのある家」が掲載されております。(表紙、p34〜37)
〜自然を感じ家族がつながる豊かな陰影に満ちた住まい。〜

「ネットワーク SE 2012年vol.102」掲載

2012年1月 「ネットワーク SE vol.102」(NCN発行)に、「二間の家」が掲載されております。(表紙、p3〜8)
〜間口の限られた敷地を生かす立体的な構成。居住空間を縦に積み上げ、光と風で一体に。〜

「まったらの家」オープンハウス開催 2011年 11月13日(日)

お天気にも恵まれ多くの方にご来場頂きまして有難うございました。


「杉と大谷石の家」オープンハウス開催  2011年9月25日(日)

お天気にも恵まれ多くの方にご来場頂きまして有難うございました。


「山麓を望む家」オープンハウス開催 2011年8月7日(日)

お暑い中、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「庄内の家」オープンハウス開催 2011年7月17日(日)

お暑い中、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「住まいの設計」2011年5・6月号

2011年4月 「住まいの設計」2011年5・6月号(扶桑社発行)に「ウォーターコートのある家」が掲載されています。(p170〜173)
〜自然を感じ家族がつながる豊かな陰影に満ちた住まい〜

「寝屋川の家」オープンハウス開催 2011年4月10日(日)

お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「二間の家」オープンハウス開催 2011年3月27日(日)

屋上階から2F、1Fを見下ろす

お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「天満橋の家」オープンハウス開催 2011年2月26日(土)

お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「都島の家」《重量鉄骨》オープンハウス開催 2011年1月22日(土)

お天気にも恵まれ、、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


地元で評判の工務店で立てた家 2011年西日本版

2010年12月 地元で評判の工務店で立てた家 2011年西日本版(扶桑社発行)に「レッドアンドブルーのある家」が掲載されています。(p36〜39)
〜暮らす人の生き方まで映し出す、家づくり〜

「通り抜け土間のある家」オープンハウス開催 2010年11月14日(日)

お天気にも恵まれ、、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


木内の講演が公文のHPにアップされました

講演する木内

熱心に話を聴くIリーグの生徒さん

代表・木内が学習塾の公文でIリーグの生徒さん(御両親)に講演を行いました。(2010年6月4日) 約300人にご参加いただき、たいへん好評でした。 その様子が公文のHPにアップされましたので、ぜひ、ご覧ください。
http://www.kumon.ne.jp/
ileague/report/2010/06/report01.html

参加者の声はこちらから http://www.kumon.ne.jp/
ileague/report/2010/06/koe.html


ツイッターを始めました。

2010年10月5日 代表・木内がツイッター(つぶやき)を始めました。「つながる力」(勝間和代+広瀬香美著)を読んで、世界中の人とゆるくつながる感じを体感してみたくなったからです。ぜひ、フォローしてください。 木内一徳のツイッターアカウントはこちらです。 http://twitter.com/kinouchi_db

「切妻屋根の家」オープンハウス開催 2010年9月5日(日)

お暑い中、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「大改造!!劇的ビフォーアフター」放映 2010年8月22日(日)

「玄関がお風呂の家」ビフォー

アフター

ABC朝日放送「大改造!!ビフォーアフター」に弊社代表・木内一徳が匠として登場しました。
2009年11月に続いて3回目の出演となりました今回は大阪市・生野区の長屋の改修工事。
弊社設計施工です。


「三方道路の家」オープンハウス開催 2010年7月25日(日)

お暑い中、多くの方々にご来場頂きまして有難うございました。


「ウォーターコートのある家」オープンハウス開催 2010年7月11日(日)

雨の中、多くの方にご来場いただきまして有難うございました。


「高槻の家」オープンハウス開催 2010年5月23日(日)

雨の中、多くの方にご来場いただきまして有難うございました。


毎日放送「住人十色」放映 2010年5月1日(土)

子供部屋

昨年11月に竣工しました「レッドアンドブルーのある家」
毎日放送「住人十色」で紹介されました。


「木の家 My style」

2010年4月 木の家 My style(株式会社エヌ・シー・エヌ発行)に「レッドアンドブルーのある家」が掲載されています。
〜暮らす人の生き方まで映し出す、家づくり〜

「蛍池の家」オープンハウス開催 2010年4月11日(日)

お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。

旗竿のような形状の敷地に立つ「蛍池の家」。
長いアプローチの奥にある格子戸が特徴的なその建物は、一見すると開口も少なく、閉ざされた印象を持つ外観ではあるが、その内部は囲われた外部空間へ大きく開き、そこから穿たれた空を見ることができる魅力的なプランになっている。


「緑を取り込む家」オープンハウス開催 2010年1月10日(日)

リビングから公園を望む

北に設けた大きな開口から安定した採光を確保

お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。

都心の住宅街に建つ、「緑を取り込む家」。
東西南の三方を囲まれているが、北側道路を挟んだ向こう側に都心の公園が広がるという立地条件。樹木の生い茂る公園に向かって迷うことなく開き、緑を大きく取り込むプランとした。
北に設けた大きな開口から安定した採光を確保し、南に向かって設置したハイサイドライトから直線的な日光が差し込む家。
都心に住まいながら、四季の移ろいを味わうことができる。


地元で評判の工務店で建てた家・2010年関西版

2009年12月 地元で評判の工務店で建てた家・2010年関西版(株式会社扶桑社発行)に「斜面を生かす家」が掲載されています。
〜ウッドデッキとつながる窓際のカウンターは家族みんなで使えるマルチスペース〜

「大改造!!劇的ビフォーアフター」放映 2009年11月8日(日)

再生の家

ABC朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」に弊社代表・木内一徳が匠として登場しました。
2005年7月に続いて2回目の出演となりました 今回は尼崎市内の長屋の改修工事。
弊社設計施工です。


「レッドアンドブルーのある家」オープンハウス開催 2009年11月8日(日)

外観正面

中庭

お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。

下町の雰囲気を残す商店街から少し入ったところに建つ「レッドアンドブルーのある家」。
三方を近接する建物に囲まれ、北に面する道路側のみが解放されている細長い敷地、という条件を克服するため、中庭型プランを採用しています。
外観は窓も少なく一見すると閉鎖的ですが、植栽の緑も生える中庭を通して光が射し、風が通るこの住宅は、そこが都心であることを忘れさせてくれる空間をつくり出しています。


全国安心工務店一覧・関西版 2009年-2010年

2009年9月「斜面を生かす家」 「デッキテラスのある家」の事例とともに弊社が紹介されています。(p150〜151)

木の家 My style vol.10

2009年8月1日 木の家 My style(株式会社エヌ・シー・エヌ発行)に「デッキテラスのある家」が掲載されています。
[特集] 家づくりの達人が奏でる暮らし 「くつろぐ」
     夫婦で家族でくつろぐ終の棲家

「デッキテラスのある家」オープンハウス開催 2009年3月14日(土)・15日(日)

200年住宅「泉大津の家」オープンハウス開催

200年住宅「泉大津の家」オープンハウス開催

200年住宅(超長期優良住宅先導的モデル事業)に認定された住宅で、高い耐震性、耐久性、省エネルギー性能を満たしています。
デザイン的にはアプローチを兼ねた中庭、小さめに分けた外観などが特徴です 。
お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。

200年住宅とは?
「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」という考えを基本とし、超長期優良住宅として定められた性能(耐久性・耐震性・断熱性・可変性・住宅履歴等)を持つ住宅であると国が認めたものを指します。


「新築提案」創刊号

2008年12月24日 「新築提案」創刊号(株式会社ザネット発行)に「女性建築家が考える、子供にとっての家」というテーマで
設計・仲野のインタビュー記事が掲載されています。(p12〜13)
・子供のためにではなく家族のために家がある
・子供部屋はシンプルに プラスαで落ち着ける場所を
・自分で考え、自分で行動する家は心も育てる場所

「京終の家」(きょうばてのいえ)オープンハウス開催 2008年12月21日(日)・23日(祝)

「京終の家」(きょうばてのいえ)完成見学会

「京終の家」(きょうばてのいえ)完成見学会

東西2棟の建物を繋ぐブリッジが印象的な、インナーガレージ・シアタールーム付きの木造住宅です。 アプローチを兼ねた中庭と玄関まわりが特徴的で、玄関の折れ戸をフルオープンにすると、玄関ホールと中庭が一体となり、空間に広がりを持たせています。また、玄関ホールを中心に、リビング・インナーガレージ・シアタールームを連ねて配置することで、玄関ホール・中庭を介してそれぞれの空間を繋いでいます。
お寒い中、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。


「尾生町の家」オープンハウス開催 2008年9月6日(土)・7日(日)

「尾生町の家」オープンハウス開催

「尾生町の家」オープンハウス開催

新しく整備された住宅地に建つビルトインガレージ付木造住宅です。
アプローチを長くとり、ひと曲がりすることで道路からの目線を遮りプライバシーを確保しています。
広いガレージ内部に工具や車の備品を保管できる棚を造付けとし、車が大好きなクライアントがいつでも車に接することが出来るよう工夫しました。
又、玄関に直接通ずる引戸を設けることで雨の日も濡れずに室内へ入れるよう使い勝手を考えました。
人の集まる空間であるリビングダイニングを2階に設けることで、南からの採光を確保しています。
リビングダイニングに面してウッドデッキを設け、段差を無くす事で広く開放的な空間となっています。
お天気にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。


「東岸和田の家」オープンハウス開催 2008年8月2日(土)・3日(日)

「東岸和田の家」オープンハウス

「東岸和田の家」オープンハウス開催

閑静な住宅地に建つ2階建ての木造住宅です。
外壁仕上げは、梯子や脚立でメンテナンスが可能な1階とバルコニー内を「左官下地+ジョリパット吹付け」とし、2階部分をガルバリウムで仕上げていますので、足場を設置しなくても将来のメンテナンスができるようにしています。
建物内部は、床材にパイン無垢材、天井に梁顕し、壁にも一部パイン無垢板を貼るなど内装に木部を多く取り入れています。
また、施主様のご要望を受け、リビングテーブルとダイニングテーブルも製作しました。
お暑い中、多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。


「河内長野の家」「中庭のある家」オープンハウス開催 2007年10月28(日)・11月4日(日)

河内長野の家 オープンハウス

「河内長野の家」10月28日(日)・「中庭のある家」11月4日(日) 両日ともに多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
「河内長野の家」は老朽化による建て替え工事です。
弊社にはめずらしく切妻屋根の洋館風の家です。親戚一同30人程度が集まれる広さが必要で、リビングと和室が一体となるプランとしております。


中庭のある家 オープンハウス

「中庭のある家」は郊外の住宅地に建つ中庭型の住宅です。
床は無垢の杉板、壁は紙のクロス等自然素材を用い、太陽光発電・エコウィル(発電型ガス給湯器)を設置し、環境に配慮しています。


「住まいnet関西vol.8」

2007年8月31日 「住まいnet関西vol.8」(株式会社ザネット発行)に「斜面を生かす家」が掲載されております。
〜家族のつながりが保てる家〜(p34〜39)
また、表紙には「守る家」が掲載されております。

「Memo男の部屋」

2007年5月 「Memo男の部屋」(ワールドフォトプレス発行)に「斜面を生かす家」の事例とともに弊社が紹介されています。(p17〜19)
〜建主として巡り会いたい建築家インタビュー
言葉の奥に眠るニーズを読みほぐす「自分らしく暮らせる家」〜
「何もかも便利に生活することが本当に幸せなのでしょうか?」
「”潜在的な理想”を整理し、組み立てながらカタチにしていくのが建築の仕事」
「捨てることによって、もっと大事なものが手に入ると考えてください」

「斜面を生かす家」オープンハウス開催 2006年10月21日(土)・22日(日)

「斜面を生かす家」オープンハウス

住宅街の見晴らしのよい高台に立地しており、1階に眺望と開放感を主題にしたリビングや、客間を兼ねたホビールームと水廻り、2階にはプライベートエリアを配し構成されています。
多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。


「住まいnet関西vol.6」

2006年9月18日 「住まいnet関西vol.6」(株式会社ザネット発行)に「守る家」が掲載されております。
他に「個性を映し出すデザインがある住まい」というタイトルで、木内が語っております。 (p54〜61)

心斎橋にスタジオをオープンいたしました。

心斎橋スタジオ エントランス

心斎橋スタジオ 外  観


10月から心斎橋にスタジオをオープンいたしました。御堂筋線・心斎橋駅から徒歩4分です。
住所:〒542-0081大阪市中央区南船場4-7-21オーガニックビル9F


d&bアーキテクチャー株式会社 に社名変更いたしました。

d&bはdesign&buildの略ですが、depth&beautyの意味を含んでおります。深みのある美しい建築(アーキテクチャー)をつくり出していくことを目指し、社名といたしました。皆様には、倍旧のご支援お引き立てを衷心お願い申し上げます。

くらしのでんきフェア2006に出展 2006年6月24日(土)・25日(日)

関西電力主催の「くらしのでんきフェア2006」が岸和田市立浪切ホールにて開催され、当社も出展いたしました。

「陵西通の家」オープンハウス開催 2006年5月28日(日)

2階をリビングとして陽の光を充分に採り入れた家です。構造計算をした上で開放的なプランとなっています(SE構法)。
お忙しい中、遠方からもお越しくださいまして、ありがとうございました。

毎日放送「ちちんぷいぷい」にて放映 2006年5月9日(火)

「温故の家」が紹介されました。火曜日レギュラーコーナー「浅越ゴエ不動産」にて浅越ゴエさんがレポートしました。

「ホームシアターspring33」

2006年2月20日「ホームシアターspring33」(ステレオサウンド刊)に、「白い家」が掲載されております。(p194〜195)

「狭小住宅part5」

2006年2月16日 「狭小住宅part5」(ワールドフォトプレス発行)に、「自然を切り取る家」が掲載されております。(case15)

「光の柱のある家」オープンハウス開催 2005年12月18日(日)

光あふれる階段室(ガラス階段)を中央に配し、ガルバリウム鋼板で囲われた箱型の住宅です。
寒い日にもかかわらず多くの方に来ていただき、ありがとうございました。

浪切ホールで行われたトークイベントに出演 2005年11月26日(土)・27日(日)

秋の電化フェア2005

関西電力主催「秋の電化フェア2005」にて、弊社代表・木内一徳がゲストとして出演し、住まいづくりについてお話しました。


「白い家」オープンハウス開催 2005年8月21日(日)

木部も白く塗装した「白い家」でしたが、たいへん好評でした。多くの方に来ていただき、ありがとうございました。

「大改造!!劇的ビフォーアフター」放映 2005年7月24日(日)

ABC朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」に弊社代表・木内一徳が匠として登場しました。
大阪市内の築80年を経た長屋の改修工事。設計施工です。

「Net Work SE no.62」

2005年3月31日 「Net Work SE」(NCN発行)に、「自然を切り取る家」が掲載されております。

「大阪で家を建てる」

2005年1月15日 「大阪で家を建てる」(リクルート)に、弊社が掲載されております。

「住宅特集2004年12月別冊」

2004年12月15日 「住宅特集2004年12月別冊」(新建築)でSE構法【※】が特集されております。
耐震性への意識が高まる中で、信頼できる工法として注目されています(弊社はSE構法登録店です)。

【※】SE構法とは、精度の高い集成材をSE金物(=接合する金具)で接合し、建築を行う構法です。

「杜の下町いえなみ賞」

杜の下町いえなみ賞

2004年10月31日 「杜の下町いえなみ大賞」を受賞しました(建築名:「本誓寺」 設計者:木内一徳)。
同年4月に竣工した「本誓寺(神戸市長田区)」が表彰されました。とても励みになります!