佇まいまで、
シンプルに。

段差を生かす家

  • 新築
  • 道路側からの外観。ガルバリウム鋼板の屋根に黒い外壁は吹付を施したサイディング、
    木部は杉材にリボスを塗装。左手の石積み擁壁が敷地の段差となる。
  • 板張りの車庫の引戸を全て右側に引き込むと、奥には庭が見える。
  • 南側の外観。明かりが灯ると漆黒の建物の中に、円柱のレンガや木目が浮かび上がる。
  • ダイニングからの眺め。脚に大谷石を貼り、天板には古材を用いたテーブルの奥に見えるのは囲炉裏。
  • キッチンからダイニングを見る。壁には手描きのアンティークタイルを散りばめている。
  • 2階のワークスペース。レンガタイルの円柱の中にはWC、奥に続く2つの円柱は子供室のデスクスペースとなる。
  • 障子を開け放つとリビングと繋がる客間からの眺め。
    明かりに照らし出された切妻天井が美しく伸び、ランダムに吊られたランプ照明は、連続した調和を崩すアクセントとなる。
  • 南側のデッキテラス。斜面の近いところには、
    落下防止を兼ねてベンチを設けている。
  • リビング正面の開口部からの眺め。
    敷地の高低差が内部にも生かされている。
  • 玄関からコートヤードを見る。左手は外部から連続する杉板の壁。
  • ダイニングから、厚みのある無垢の構造材で造った階段を
    1.2m上がるとリビングが広がる。
  • リビングからも大池の豊かな緑が目に飛び込む。
  • リビングからダイニングと2階のワークスペースを見る。
  • ワークスペースから見たリビング。左手にモルタルのリブ壁が連続し、
    奥には中2階の客間がある。
  • 中2階の客間。切妻屋根の形に沿って明かり窓が設けられている。
  • 鏝ムラを強調した漆喰壁を施した段差のある通路の奥には、
    下層階用のWCがある。
  • 建物概要

    レベルの違う2区画分の敷地に建つ郊外の住宅。
    袋小路の道路にL型に接する各々の敷地の高低差は1.2m程あり、大谷石の擁壁で区切られたこの段差を跨ぐ形で東西に長い切妻屋根の住宅が配置されています。
    建物の低い敷地側はキッチンとダイニングの上にプライベートエリアを配した2層構成。一方の高い敷地側には1.5層分を吹抜けとしたリビングが置かれ、ひと続きの竿縁天井がその奥行きを強調する豊かな内部空間が広がっています。
    低いほうから高い方、そして2階へと、土地の段差を生かしながら半階ずつ上がってゆくスキップフロアの佇まいからは、随所で緑豊かな大池を抱く庭が視界に入り、日々の暮らしの中に贅沢なまでに自然が入り込みます。
    そんな中、連続するリブ壁や円筒形の空間といったダイナミックな架構を配し、木目の際立つ材、モルタル、レンガなど素材感の強い材料を用いることで、建物に一層の魅力を加え、自然の力強さに劣らぬ住まいとしました。
    建物から伸びる板張りの壁と引戸で囲われたアプローチは、訪れる人を内へと優しく誘う外部との境界。樹木の深い緑と漆黒の建物に馴染むソースとして多用した木部は、時や季節の移ろいと共にその姿を変化させて地域との接点を演出し、街を印象づける要素ともなっています。

  • データ

    工法 : 木造2階建て(SE構法)
    施工期間 : 9ヶ月
    坪単価 : 84万円
    家族構成 : ご夫婦+お子様1人
    Photographer : 福澤昭嘉
    • 戸建て住宅
    • 2階建て
    • 木造
    • SE構法
    • 段差・がけ地
    • 切妻屋根
    • スキップフロア
    • 黒壁
    • 板張り壁
    • ビルトインガレージ
  • プラン