道路側からの外観。ガルバリウム鋼板の屋根に黒い外壁は吹付を施したサイディング、木部は杉材にリボスを塗装。左手の石積み擁壁が敷地の段差となる。 板張りの車庫の引戸を全て右側に引き込むと、奥には庭が見える。 南側のデッキテラス。斜面の近いところには、落下防止を兼ねてベンチを設けている。 南側の外観。明かりが灯ると漆黒の建物の中に、円柱のレンガや木目が浮かび上がる。 リビング正面の開口部からの眺め。敷地の高低差が内部にも生かされている。 玄関からコートヤードを見る。左手は外部から連続する杉板の壁。 ダイニングからの眺め。脚に大谷石を貼り、天板には古材を用いたテーブルの奥に見えるのは囲炉裏。 キッチンからダイニングを見る。壁には手描きのアンティークタイルを散りばめている。 ダイニングから、厚みのある無垢の構造材で造った階段を1.2m上がるとリビングが広がる。 リビングからも大池の豊かな緑が目に飛び込む。 リビングからダイニングと2階のワークスペースを見る。 2階のワークスペース。レンガタイルの円柱の中にはWC、奥に続く2つの円柱は子供室のデスクスペースとなる。 ワークスペースから見たリビング。左手にモルタルのリブ壁が連続し、奥には中2階の客間がある。 障子を開け放つとリビングと繋がる客間からの眺め。明かりに照らし出された切妻天井が美しく伸び、ランダムに吊られたランプ照明は、連続した調和を崩すアクセントとなる。 中2階の客間。切妻屋根の形に沿って明かり窓が設けられている。 鏝ムラを強調した漆喰壁を施した段差のある通路の奥には、下層階用のWCがある。