佇まいまで、
シンプルに。

自然を切り取る家

  • 新築
  • 正西側外観。外壁はガルバリウム鋼板スパンドレル。格子の向こうには中庭が見える。
  • 極めてシンプルな北西の外観。
  • パーゴラを潜り抜けて玄関の格子戸へと至るアプローチの風景。
  • 透過性のある階段は、こちらと向こうと繋ぐ。
  • 中庭の風景。2・3階のテラスが外部と中庭との緩衝帯となっている。
  • 視覚的な抜けの際立つアプローチの夕景。
  • 格子で隔てられた中庭の夜景。建物南側の大開口からの灯りが写り込む
    中庭側の壁は白い漆喰仕上げ。
  • 黒壁と白壁の対比は内と外との対比でもある。
  • 建物概要

    都市部の住宅密集地に建つ3階建て住宅です。
    「休日に出かけなくても快適に過ごせる家にしたい」という施主様のご要望に対し、プライバシーを確保しつつ、光と風を取り入れ、自然を感じながらリラックスできるコートハウス※を提案しました。
    中庭はアプローチからの延長で、エントランスホールにも面しているため、適度な開放感を演出。シンボルツリーの成長も楽しみな、自然を身近に感じる住まいです。
    ※中庭型住宅

  • データ

    工法 : 木造3階建て(SE構法)
    施工期間 : 6ヶ月
    家族構成 : ご夫婦+お子様1人
    Photographer : 福澤昭嘉
    • 戸建て住宅
    • 3階建て
    • 木造
    • SE構法
    • 都市
    • 狭小
    • 箱型
    • 格子
    • 路地
    • デッキテラス
  • プラン