佇まいまで、
シンプルに。

杉と大谷石の家

  • 新築
  • ダイニングからリビングを見る。テラスに面した吹抜けの開口から十分な光が届く。
  • 大きな一枚ガラスでテラスと繋がる玄関土間。ダイニングとの間には壁側に引込める扉がある。
  • ダイニングの扉を壁に引込むと、テラス・玄関・LDKが繋がり大空間が広がる。
  • 玄関土間の奥にある客間。1階用の手洗いとWCを備え、離れの風情を醸し出す。
  • リビング上部の家族の和室。リビングに面して、手摺代わりの座卓が伸びる。
  • ペニンシュラキッチンの腰壁は土間と同じ大谷石貼り。
  • ダイニングからの眺め(夕景)。
  • 屋上には都心の風景が広がる。左手の大きなガラスから洗面へと光が落ちる。
  • 道路側の外観。外壁はガルバリウム鋼板スパンドレル。
    一部飛び出した部分はガルバリウム鋼板を一文字葺きとしている。
  • パーゴラと板塀で演出されたアプローチ。
    格子戸の向こうに中庭型のテラスがある。
  • 大谷石を敷き詰めたテラスの風景。
    玄関上部の左官仕上げの壁が中庭の印象を和らげる。
  • LDKの風景。リビングの上部に浮かぶのは家族のための和室。
  • 屋上からの自然光が降り注ぐ2階の洗面。左手は屋上に続く階段。
  • LDKの風景。
  • 道路側の外観。
  • 建物概要

    都心の住宅地に建つ中庭型住宅。
    車寄せから板塀に沿って路地風のアプローチを潜り抜けると、突如として広がる石畳のテラス。古くから石蔵などに用いられてきた栃木県産の大谷石で敷き詰められ、玄関と中庭、両方の役割を果たすこのテラスは、周囲を建物に囲まれてしまう都会の敷地条件の中でも充分な光と風を室内にもたらしています。
    一枚の大きなガラスで仕切ってテラスと一体化させ、同じ大谷石を敷き詰めた広い玄関土間は、内と外や用途の曖昧な日本古来の土間の様。木や石、土壁という趣のある素材と共に、懐かしいゆとりをこの家にもたらしています。
    玄関の奥に離れのように配置された客間や、リビング上部に浮かぶ家族のための和室、屋上へ繋がる階段をもつ明るい浴室など、個々の空間が明確な目的を持って家族の暮らしを彩る建物です。

  • データ

    工法 : 木造2階建て(SE構法)
    施工期間 : 5ヶ月
    坪単価 : 88万円
    家族構成 : ご夫婦+お子様1人
    Photographer : 福澤昭嘉
    • 戸建て住宅
    • 2階建て
    • 木造
    • SE構法
    • 都市
    • 狭小
    • 中庭
    • 大谷石
    • 杉板
    • 屋上テラス
  • プラン