佇まいまで、
シンプルに。

山麓を望む家

  • 新築
  • 2階部分が前に迫り出した道路側の外観。
  • 1階の外壁は吹付仕上げ、2階はガルバリウム鋼板竪平葺きとし、ピンコロ石を敷き詰めたアプローチの向こうに扉付の車庫がある。
  • 子供たちが共用で使うワークスペース。左手は個室エリア、右手にはデッキテラスが広がる。
  • LDKを見る。西日対策の可動ルーバーの向こうに借景の豊かな緑が広がる。
  • リビングからダイニングを見る。デッキテラスが内部の奥行きを増す。
  • キッチンからリビング・ダイニングを見る。
  • リビングからの眺め。階段室のガラス越しに、東側の緑も目に入る。
  • 軒と袖壁に囲われた2階のデッキテラスは、外部との緩衝帯であると同時に強い日差しも緩和できる。
  • 道路側の外観(夕景)。
  • ルーバーから漏れる光の美しい夕景。遠くには街の灯りが見える。
  • 玄関を入った正面には、浮遊感のある階段がある。
  • 明るい玄関ホールの風景。
  • 作業しながら、景色を堪能できるキッチン。
    テーブルとひと続きとなるように、キッチンの床を少し下げている。
  • 2人が同時に利用できる洗面。
  • ワークスペースに面したデッキテラスからの夕景。
  • 建物概要

    郊外の眺めの良い高台にある住宅。
    眼下に街や海を、前面に豊かな緑を望む抜群の眺望を最大限に活かせるようにと、2階には西に大きく開いたLDKと連続するテラス、水廻りを配置し、1階は個室などのプライベートエリアとしています。
    仕切りのない充分な広さのLDKでは、階段横の大きなガラス越しにも東に広がる豊かな緑が目に入り、多方向への開放感を味わうことができます。
    四季折々に変化する窓からの風景も、この家においては重要なインテリアの一部。
    時に差し込む強い西日はテラスの外側に設けた可動ルーバーで調整し、機能的でありながら極力シンプルな空間を心掛けることで、可能な限り山麓の恵みを享受できるよう考慮しています。

  • データ

    工法 : 木造2階建て(SE構法)
    施工期間 : 5ヶ月
    坪単価 : 89万円
    家族構成 : ご夫婦+お子様2人
    Photographer : 福澤昭嘉
    • 戸建て住宅
    • 2階建て
    • 木造
    • SE構法
    • オーバーハング
    • 可動ルーバー
    • 眺望
    • 箱型
    • 大テーブル
    • 2階リビング
  • プラン