板塀沿いの長いアプローチには既存の敷石を再利用。 道路側からは、奥に長い建物の短辺方向が見える。米ヒバ貼りの壁面が外と奥との象徴的な境界となる。 古いツクバイを配置した玄関の風景。 砂利敷きの庭からデッキテラスを見る。 デッキテラスの風景。全開口サッシの奥にリビングがあり、デッキテラスをL型に囲んでダイニングが配置されている。シンボルツリーは落葉樹のイロハモミジ。 吊り階段のある広い廊下から玄関を見る。吊り材はスチールとしている。 2階踊り場の風景。階段との境には列柱が並び、白い壁面に影を落とす。 北側の高窓から安定した光を取り込み、デッキテラスへと大きく開放したリビング。 キッチンからダイニングを見る。腰壁はボーダータイルを縦使いしている。 リビングから和室を見る。 地窓をもつ縦長の和室。 コンパクトにまとめた2階のWC。手前にはシャワールームがある。 リビングの夕景。 吊り階段から伸びる光と影のコントラストが美しい玄関廻りの夕景。