佇まいまで、
シンプルに。

またぐ家(大改造!!劇的ビフォーアフター放映)

  • リフォーム
  • 1階の板間と畳の茶の間を仕切る襖には、故人の墨絵が用いられている。
  • ダイニングから玄関側を見る。収納上部の連続した現し梁の部分が吹抜けており、トップライトの光を階下まで導く。
  • 駐車スペースを兼ねた玄関のアプローチ。駐車する部分とアプローチの床の仕上を変えて、一つの空間でも視覚的な境を設けている。
  • 夜は寝室となる茶の間からは、小さいながらも庭が望める。右手の扉は水廻りへと繋がっている。
  • 明るい自然光を届ける浴室のトップライトには、ぶどう棚の愛らしい緑が写る。
  • 格子折戸越しに道路を見る。
  • アプローチのベンチ。
  • 表具の仕事をしていた故人の絵を収納する棚。
  • 道路側の外観。門扉代わりの格子折戸の向こうには、
    駐車スペースと玄関へのアプローチがある。
  • 簾戸を再利用した吹抜け部分の水平障子を閉じれば、空調の調整ができる。
  • 洗面の様子。
  • 建物概要

    築80年の長屋を改修しました。
    戦時中に焼けた梁や傾いた構造体を補強するほか、うなぎの寝床状の建物に陽の光を入れるため、2階の床の一部を撤去、吹抜けをつくりました。
    水平の障子(既設簾戸再利用)で吹抜けの開け閉めができ、冷暖房の調節も可能。故人であるご主人の作品や愛着のある道具を展示するギャラリーも設置し、ひとり暮らしのおばあちゃんが便利で快適に暮らせるコンパクトな空間としました。

    *「劇的!!ビフォーアフター(朝日放送)」で「またぐ家」として紹介されました。

  • データ

    工法 : 木造2階建てリノベーション
    施工期間 : 2ヶ月
    坪単価 : 65.2万円(本体価格)
    家族構成 : 単身
    • 戸建て住宅
    • 2階建て
    • 木造
    • リノベーション
    • ビフォーアフター
    • トップライト
    • 水平障子
    • 小上がり和室
    • 坪庭
    • ハーフユニット浴室
  • プラン