一部をアプローチと兼用した中庭。デッキテラスのヤマボウシは内からも外からも楽しめるシンボルツリー。 左官壁と木のシンプルな外観。格子で囲われた中庭を挟んで手前を平屋、奥を2階建てとして街並みに調和させている。 板塀とパーゴラに囲われた車の通路を抜けて、街から個へと段階的にアプローチする。 玄関からリビング・ダイニングへの入口を見る。広い玄関はギャラリーも兼ね、手前にある客間とリビングを繋ぐ。 リビングから中庭側を見る。全開口サッシを開けると中庭と完全に繋がる。 1階の客間。右側の地窓が道路側に見える開口部となる。 列柱越しに玄関まで見通せるキッチン。左手にある通路からリビングを通らずに水廻りへとアクセスできる。 書棚や机の並ぶ2階のファミリースペースの先には、広いテラスが広がる。 中庭に面した個室。掃き出し窓に落下防止の手摺を設け、沢山の光を取り込む。 夕暮れの外観。 夕暮れの中庭。格子戸を開けると、温かい明かりが家人を迎える。