佇まいまで、
シンプルに。

旧医院のリノベーション

  • リフォーム
  • LDKを見る。古いスチールサッシはアルミサッシに取り替えている。
  • LDKを見る。
  • ステンレスの壁付キッチンの背面にはガラスのモザイクタイルを貼り、華やかさを添えている。
  • 下足室の様子。奥に見える既存のガラスブロックが玄関に明るい光を届ける。
  • 床材と合わせたウォールナットの突板合板をアクセントとしたリビングの壁面。
  • リビングの奥にある客間の入口。
  • 床にモザイクタイルを敷いた玄関。
    左手には車庫と出入できる下足室がある。
  • 階段の下を利用し、充分な収納量を確保した下足室。
  • 自然光の少ない客間の押入は明るい色で。
  • 建物概要

    郊外の駅に程近いビルの一画、かつて1~2階を医院、3階を住まいとして利用していた建物のリノベーションです。
    3階と2階の一部は以前にも手が加えられ居住空間として整えられていましたが、2階の残りの部分と1階はこれまで手付かずで、医院の面影が色濃く残ったままのエリアをただ通路としてのみ利用する暮らしが続いていました。それ故に、これら手付かずの部分を一新し、1階から3階までをひと続きの住まいとして機能させることが今回のリノベーションの大きな目的となりました。
    まず1階の玄関廻りは、そのまま使用していた患者用の下足棚を撤去し、階段下を下足室兼車庫への出入口として新たに独立したスペースとしました。充分な収納力を確保することと裏動線を設けることで、玄関先は整然と維持しやすいもてなしの空間へと造り替えられ、住まいの顔として機能しています。
    診療室と廊下とに分割されていた2階部分は、廊下を部屋へと取り込む形で内部空間を広げ、水廻りや客間、演奏会にも利用できるLDKを配置した家族と来客のためのセミパブリックスペースとして、成長した子らや知人と楽しむ暮らしに華を添えます。
    光を受けて輝くガラスモザイクタイルや、間接照明にも美しく映えるウォールナット(胡桃)の壁は、空間を印象付ける要素として場を演出し、限られた自然の光源を効果的に利用した落ち着きのある空間を造り上げています。

  • データ

    工法 : RC造3階建ての1~2階部分
    施工期間 : 3.5ヶ月
    坪単価 : 63万円
    家族構成 : ご夫婦+お子様3人
    • 戸建て住宅
    • 4階建て
    • 鉄筋コンクリート造造
    • リフォーム
    • コンバージョン
    • 収納
    • モザイクタイル
    • 下足室
    • ステンレスキッチン
    • 間接照明
  • プラン